いつ遺言書を作る?

遺言書とはよくテレビドラマなどで相続人が集まり、骨肉争いに発展するというイメージがあります。遺産は本来、被相続人が生前に作り出した財産であり、被相続人のものです。しかし被相続人がなくなってしまうことで、財産が遺産となって残ってしまいます。その遺産をどのように処理するのかを示しているのが遺言書の存在です。遺言書は被相続人の生前の意思を最後に伝える重要な役目をしています。本来は被相続人ためにある財産を被相続人の意思通りに相続させることは当たり前のことです。自分の財産をどう守り、生前のお礼や感謝の気持ちを遺産として分配することができます。

ただし多くの人が遺書は高齢になってから作成するものだと考えています。いつ自分が死を迎えてもおかしくない状況になる少し前に作成する人が多いです。しかし人の死はいつどのような形で訪れるのかはわかりません。そのため自分の遺産をどう分けたいのか明確な意思ができたときに、しっかり作成をしなくてはいけません。それがある程度の財産を抱えている人の責任の一つでもあります。そこされた相続人たちが遺産分与でもめないためにもしっかりとした意思の表明が大事です。

具体的に遺書を作るタイミングとしては、結婚して家族ができたとき、子供が生まれたとき、退職をしたとき、配偶者がなくなった時など人生の節目を迎えたときに作成をするのが理想です。遺言書は自筆証書遺言であればいつでも好きな時に書くことができます。法的に効果がある正しい書き方をしていることが条件なので気を付けて作成しましょう。