人生の転機と遺言

自分の命はいつどうなるのか分かっている人はいません。そして自分の人生はどのような形で変化をしていくのかもわかりません。もし万が一のことが起きたときに自分の財産がどのように分けられるのか把握できていない人が多いです。自分がなくなった後、相続人に当たる人たちがもめることなく平等に遺産を分けてくれるとは限りません。そこで自分の財産を誰にどれだけ分け与えたいのかを明確にしておく必要があります。

そこで被相続人の最後の意思を相続人たちに伝えることができるのが遺書の存在です。遺書は若いうちから作成しておくことで、相続人たち同士のトラブルを防ぐことにつながります。もし主な生計者がなくなってしまった場合、残された家族は路頭に迷ってしまいます。そして生計者の近親者に自分の遺産を主張できないという状況になりかねません。そのため結婚をしたとき、子供が生まれたとき、マイホームを建てたときなど人生の転機となる時期を迎えたときに遺言書を作成するようにしましょう。守るべき人が身近でできたときや守るべき財産ができたときには遺言書でその財産をどうやって必要な人に分け与えるのかを明確にしましょう。そうすることで自分が大事な人を守ることにもつながります。