元気な時に作成を

自分の死はいつどのような形で迎えるかわかりません。なかには大きな病気をしているときや自ら命を絶つときだけは、死期が明確になっているケーズもあります。しかしこのよう場合はまれで、ほとんどの人が死期を知らずに今を生きています。今日は元気で過ごすことができても明日も元気という全体的な保証はありません。そのためいつどのようなことが起きても後悔しないために、元気なうちに遺言書を作成しておく必要があります。特に若いうちから自分の財産を確保している人もいます。財産が多いほど、相続人同士がもめてしまう可能性があります。そう言ったもめ事を回避するためにも遺言書を残す必要があります。

遺言書を作成するときには本人の意思が明確でなければいけません。例えば生きていても植物人間になってしまったり、しゃべれなくなったり、目が見えなくなってしまう可能性もあります。自分の意思が思うように伝えられない状態で遺言を作るためには、一定の条件が必要になります。医師や決められた人数の証人が立会いのもと作成されなければ無効となってしまいます。そう言った手間がかからないようにするためにも元気なうちに自分の意思を遺言として残しておくことが大事になります。元気なうちは早すぎるというわけではなく、若うちだからこそ自分の意思をしっかり表明しましょう。