若いうちから作成

遺言書は老後に作るというイメージを持たれている人がほとんどです。若いうちは特別な財産がないと思っている人が多く、特に争うこともないだろうと勝手に決めつけている人も多いでしょう。年を重ねるごとに自分の財産も増え、現金や不動産、株などいろんな形で財産を持っている場合が多いです。なかには不動産のように分配しにくいものがあり、どうしても遺産分与でもめてしまう可能性が高いです。そのため自分お遺産を自分押し費で分配したいという意識が起きたときから遺言書を作成するのがおすすめです。

特に若い時期は健康体で自分の死について考えることは少ないです。しかし結婚して子供や妻がいる場合、自分の死後路頭に迷わすわけにはいきません。若うちは被相続人の両親も健在の場合が多いです。被相続人にとって大事な人でも両親にとっては赤の他人になるため、遺産分与でもめてしまう可能性もあります。若いうちだから関係ないというわけではなくいつ訪れるかわからない死だからこそ、生前のうちから準備をする必要があります。そして人生の転機が訪れたときに、遺言書を書き直しておくようにしましょう。そうすることで万が一のことが起きた時でも自分の意思はしっかりと伝えることができます。