元気な時に作成を

自分の死はいつどのような形で迎えるかわかりません。なかには大きな病気をしているときや自ら命を絶つときだけは、死期が明確になっているケーズもあります。しかしこのよう場合はまれで、ほとんどの人が死期を知らずに今を生きています。今日は元気で過ごすことができても明日も元気という全体的な保証はありません。そのためいつどのようなことが起きても後悔しないために、元気なうちに遺言書を作成しておく必要があります。特に若いうちから自分の財産を確保している人もいます。財産が多いほど、相続人同士がもめてしまう可能性があります。そう言ったもめ事を回避するためにも遺言書を残す必要があります。

遺言書を作成するときには本人の意思が明確でなければいけません。例えば生きていても植物人間になってしまったり、しゃべれなくなったり、目が見えなくなってしまう可能性もあります。自分の意思が思うように伝えられない状態で遺言を作るためには、一定の条件が必要になります。医師や決められた人数の証人が立会いのもと作成されなければ無効となってしまいます。そう言った手間がかからないようにするためにも元気なうちに自分の意思を遺言として残しておくことが大事になります。元気なうちは早すぎるというわけではなく、若うちだからこそ自分の意思をしっかり表明しましょう。

人生の転機と遺言

自分の命はいつどうなるのか分かっている人はいません。そして自分の人生はどのような形で変化をしていくのかもわかりません。もし万が一のことが起きたときに自分の財産がどのように分けられるのか把握できていない人が多いです。自分がなくなった後、相続人に当たる人たちがもめることなく平等に遺産を分けてくれるとは限りません。そこで自分の財産を誰にどれだけ分け与えたいのかを明確にしておく必要があります。

そこで被相続人の最後の意思を相続人たちに伝えることができるのが遺書の存在です。遺書は若いうちから作成しておくことで、相続人たち同士のトラブルを防ぐことにつながります。もし主な生計者がなくなってしまった場合、残された家族は路頭に迷ってしまいます。そして生計者の近親者に自分の遺産を主張できないという状況になりかねません。そのため結婚をしたとき、子供が生まれたとき、マイホームを建てたときなど人生の転機となる時期を迎えたときに遺言書を作成するようにしましょう。守るべき人が身近でできたときや守るべき財産ができたときには遺言書でその財産をどうやって必要な人に分け与えるのかを明確にしましょう。そうすることで自分が大事な人を守ることにもつながります。

若いうちから作成

遺言書は老後に作るというイメージを持たれている人がほとんどです。若いうちは特別な財産がないと思っている人が多く、特に争うこともないだろうと勝手に決めつけている人も多いでしょう。年を重ねるごとに自分の財産も増え、現金や不動産、株などいろんな形で財産を持っている場合が多いです。なかには不動産のように分配しにくいものがあり、どうしても遺産分与でもめてしまう可能性が高いです。そのため自分お遺産を自分押し費で分配したいという意識が起きたときから遺言書を作成するのがおすすめです。

特に若い時期は健康体で自分の死について考えることは少ないです。しかし結婚して子供や妻がいる場合、自分の死後路頭に迷わすわけにはいきません。若うちは被相続人の両親も健在の場合が多いです。被相続人にとって大事な人でも両親にとっては赤の他人になるため、遺産分与でもめてしまう可能性もあります。若いうちだから関係ないというわけではなくいつ訪れるかわからない死だからこそ、生前のうちから準備をする必要があります。そして人生の転機が訪れたときに、遺言書を書き直しておくようにしましょう。そうすることで万が一のことが起きた時でも自分の意思はしっかりと伝えることができます。

いつ遺言書を作る?

遺言書とはよくテレビドラマなどで相続人が集まり、骨肉争いに発展するというイメージがあります。遺産は本来、被相続人が生前に作り出した財産であり、被相続人のものです。しかし被相続人がなくなってしまうことで、財産が遺産となって残ってしまいます。その遺産をどのように処理するのかを示しているのが遺言書の存在です。遺言書は被相続人の生前の意思を最後に伝える重要な役目をしています。本来は被相続人ためにある財産を被相続人の意思通りに相続させることは当たり前のことです。自分の財産をどう守り、生前のお礼や感謝の気持ちを遺産として分配することができます。

ただし多くの人が遺書は高齢になってから作成するものだと考えています。いつ自分が死を迎えてもおかしくない状況になる少し前に作成する人が多いです。しかし人の死はいつどのような形で訪れるのかはわかりません。そのため自分の遺産をどう分けたいのか明確な意思ができたときに、しっかり作成をしなくてはいけません。それがある程度の財産を抱えている人の責任の一つでもあります。そこされた相続人たちが遺産分与でもめないためにもしっかりとした意思の表明が大事です。

具体的に遺書を作るタイミングとしては、結婚して家族ができたとき、子供が生まれたとき、退職をしたとき、配偶者がなくなった時など人生の節目を迎えたときに作成をするのが理想です。遺言書は自筆証書遺言であればいつでも好きな時に書くことができます。法的に効果がある正しい書き方をしていることが条件なので気を付けて作成しましょう。